JAF大阪支部

2016年11月08日

『茨木バル』前売りチケットを茨木市中穂積のJAF店頭窓口で販売中!




JAF大阪支部は、11月19日(土)、20日(日)に茨木市各地(JR茨木駅~茨木市役所~阪急茨木市駅周辺の対象飲食店等)で開催される『第5回 バルフェスタいばらき』の前売チケットの販売を10月28日(金)に開始しましたパー



■バルフェスタいばらきとは!?
「BAR-バル」とは、スペイン語で、喫茶店・居酒屋・食堂など、様々な社交場を意味する言葉ですicon12
英語では「バー」と読み、日本語でのバーもこれにちなんでいますが少し意味合いが違います目
茨木バルはこのスペインの「バル」を元に、街全体をバル街に見立てて、食べ歩きを楽しんでもらうグルメイベントで11月19日(土)、20日(日)に開催されます(12:00スタート)

※公式サイトはこちら

■販売概要
◇販売内容
前売りチケット(5枚綴り/3,000円 税込)を販売。
チケット1枚で1店舗につき1フード+1ドリンク(通常700円以上)が対象店舗にて提供されます。

※JAF会員が前売りチケットを購入すると、全員にドリンク(ニチニチ製薬(株)「美翔」)1本と公式ガイドブックを進呈。

◇販売期間
10月28日(金)~11月17日(木)17:30まで(販売状況により早期に終了する場合有り)

◇チケット利用期間
バルフェスタいばらき会期中(11月19日、20日)
※一部店舗では、バル終了後に600円分の金券としてもお使いいただけます。

◇前売り券販売場所
JAF大阪支部(〒567-0034茨木市中穂積2-1-5)
※平日9:00~17:30(土日祝休)
TEL:072-645-1300

◇JAF大阪支部以外の前売り券販売場所
バル参加各店舗
いばらきバル協会事務局(茨木市元町2-9 フレックス茨木3F)
ハンコ・印刷のかしばらセンター(茨木市下中条町4-15)

※上記販売窓口ではJAF会員向けドリンクの進呈はありません。

-----------------------------------------------

JAF大阪支部は茨木市と「観光振興に関する協定」を締結しており、双方の資源を有効活用して、
同市への観光客誘致、観光振興およびJAF会員へのサービス向上に努めています。

今回はJAF会員向け機関誌「JAFPLUS11月号」にバルフェスタのPR記事を掲載。
JAF大阪支部が茨木市に所在しているということもあり、店頭窓口での販売開始に至りました。

  


Posted by JAF大阪支部 at 09:38Comments(0)

2016年07月22日

ながらスマホは危険!運転中はもちろん、歩きながら、自転車乗車中の操作は絶対にやめましょう

依然減らない運転中の「ながらスマホ」!
運転中はもちろん歩きながらの操作は大変危険です!!
JAFサイトにて、アイマークレコーダーを使った実験動画と資料を公開中


JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 矢代隆義)は、歩行中や自転車・自動車運転中のスマートフォン操作(いわゆる「ながらスマホ」)による事故やトラブルが多発していることから、その危険性を呼びかけています。

■アンケート結果でも分かる「運転中のスマホ操作」の多さ
先日行った、お住まいの地域の「交通マナーに関するアンケート」では「運転中に携帯電話(スマホ含む)を使用しているドライバーが多いと思うか?」という設問に対し「とても思う」「やや思う」と回答された方の合計は全体の約84.3%と非常に多いことが明らかになりました。





★アンケート結果はこちらから★

■アイマークレコーダー(視線計測装置)を使った「ながらスマホ」の実験動画を公開中


(1)歩きながらのスマホ操作
モニター(20代~30代の男女4名)にアイマークレコーダー(カメラで眼球を捉え、見ている部分を可視化する装置)を装着し、スクランブル交差点を横断する際の、視線の違いや特徴をスマホの有無別で比較検証しました。

【実験結果】
対向してくる歩行者と衝突したケース(4名中1人)や前を横切った親子に衝突しそうになったケース(4名中1人)があり、モニター全員(4名中4人)が接触しそうになった相手に回避行動を取らせてしまいました。

 


歩行中の「ながらスマホ」(歩きスマホ)は画面に集中してしまい、前方や左右に視線が配られていないので、歩行者などに衝突する危険性が高いだけでなく、ゆっくり歩く傾向があり交差点を横断するまでに時間がかかるので、青信号で渡りきれない可能性や周りの迷惑になる恐れがあります。

★テスト結果はこちらから★

(2)自転車乗車中のスマホ操作
モニター(20代~30代の男女4名)にアイマークレコーダー(カメラで眼球を捉え、見ている部分を可視化する装置)を装着し、特設コース内(640m)を自転車で走行する際の視線の違いや特徴を、スマホの有無別で比較検証しました。

【実験結果】
子どものマネキンに衝突したケース(4名中1人)や赤信号を見落とし通過したケース(4名中2人)がありました。

 


自転車乗車中の「ながらスマホ」は、文字や動画を見ることに集中してしまい、ふらついたり歩行者などに衝突する危険性や加害性が高くなります。さらに前方や左右に視線が配られないうえ、子どもの存在や信号を見落とす恐れもあります。
ドライバーも、「ながらスマホ」の自転車を見かけたら、その動きに十分注意する必要があります。

★テスト結果はこちらから★

このように「ながらスマホ」は事故につながる大変危険な行為です。また、車やバイクを運転中に「ながらスマホ」の歩行者や自転車を見かけたら、その動きに十分注意が必要です。
 
JAFでは、ゲームアプリ等に熱中するあまり、重大な事故を引き起こす「ながらスマホ」の危険性を強く訴え、注意を呼びかけています。

  


Posted by JAF大阪支部 at 21:02Comments(0)

2016年04月19日

ゴールデンウィークの高速道路渋滞予想

皆さんこんにちはicon12
春真っ只中ですがいかがお過ごしですか!?

4月も後半戦ビックリもうすぐゴールデンウィークですねicon06
もう予定を立て始めていますか!?

今日はゴールデンウィークは車でおでかけされる方向けに「高速道路の渋滞予想」についてですクローバー



NEXCOさんからJAF大阪支部に「ゴールデンウィークの渋滞予想」が届きましたパー

関西エリアの高速道路の渋滞情報をまとめましたので、下記リンクからご覧ください目


ここをクリック!

  


Posted by JAF大阪支部 at 17:19Comments(0)

2015年12月09日

大阪のてっぺんにある町、能勢町とJAFが観光協定を締結

~大阪最北部に位置する能勢町を全国JAF会員1,829万人へPR~

能勢町(町長 山口禎)とJAF(一般社団法人 日本自動車連盟)大阪支部(支部長 白土貴久)は、12月3日(木)に地域の観光振興をはかるため「観光協定」を締結しました。

この協定は、同町の観光振興とJAFの会員向けサービスについて相互に連携を強化し、双方の資源を有効活用して、同町へのドライブ観光客誘致、観光振興およびJAF会員へのサービス向上に資することを目的としています。

JAFでは、現在全国359の自治体(今回の能勢町を含む)と「観光協定」を結んでおり、クルマを利用した観光振興による地方創生を目的とした「ドライブツーリズム」を積極的に展開しています。

今後は、JAFのホームページ「JAFナビ」や会員向け機関誌「JAFMate」「JAFPLUS」(全国約1,200万部、年間10回発行)に同町の観光スポットやこれらを巡るドライブコース等を掲載しJAF会員に同市の魅力を発信していく予定です。また双方で開催するイベント等において観光客誘致を目的とした内容の企画も行っていきます。

記者会見でJAF大阪支部 井戸木事務所長は、「ドライブツーリズムによる観光振興を今後ますます加速させていきたい」と意気込みを発表し、能勢町 山口町長も「今後、新名神高速道路の開通もあり、クルマで観光に来られる方が増えることに期待する」と応えられました。


(右)能勢町:山口禎町長 (左)JAF大阪支部:井戸木亘事務所長


JAFの提唱するドライブツーリズムを説明 「道のあるところはすべて目的地となる」

すでに公開されているJAFのホームページ「JAFナビ」の「四季のドライブコース特集2015秋」では能勢の里山を巡るドライブコースや各施設の情報等を紹介しています。

●「秋のドライブコース特集2015秋」(大阪)はこちらから
http://jafnavi.jp/web/?AID=899999&course_id=271111676

「ご当地情報・ようこそ秋冬特集」では、能勢の味覚「ぼたん鍋」や「栗拾い」についての紹介をしました。また2016年1月15日~3月31日には「ぼたん鍋」の特別優待も掲載予定です!魅力いっぱいの能勢町へ、ぜひお出かけください。

●「ご当地情報・ようこそ秋冬特集2015」(大阪)はこちらから
http://jafevent.jp/area/kansai/osaka/news/1509_27_036_9.html  


Posted by JAF大阪支部 at 12:59Comments(0)

2015年11月20日

大阪府が全国ワースト1位!JAFと警察が合同で「シートベルト着用調査」を実施!


大阪府が全国ワースト1位!
JAFと警察が合同で「シートベルト着用調査」を実施!

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長:小栗七生)と警察庁は合同で、10月1日(木)~10月10日(土)までの間、「シートベルト着用状況全国調査」を実施し、その結果を公表しました。

■一般道の運転席着用率は「大阪府」が「三重県」と同率で全国ワースト1位
全国883箇所で調査した結果によると、運転席の着用率は一般道路では98.4%(前年98.2%)、高速道路等では99.4%(前年99.5%)、助手席においてもそれぞれ90%を超える結果となりました。
一方、大阪府内26箇所で調査した結果によると、運転席の着用率は一般道路96.6%で三重県と同率で全国ワースト、また高速道路等・助手席の着用率においても全国平均より低い結果となりました。(※詳細はこちら

■後席座席は全国的に着用率が低いまま「3年連続35.1%」
後部座席は他の座席と比べ、依然として着用率が大幅に低く、一般道路で3年連続の35.1%にとどまりました。一方、高速道路等においては2002年の合同調査開始以来、過去最高の71.3%(前年70.3%)となりました。
また、一般道路と高速道路等では着用率に約2倍の差がある等、一般道路の着用率の低さが際立つ結果となり、特に一般道路での後部座席シートベルト着用の重要性や非着用の危険性が十分に認識されていないことを示す結果となりました。(※詳細はこちら

■今なお低い、後席シートベルト着用意識とその危険性を視覚的に表現したグラフィックで注意喚起
上記の調査結果を受けてJAFはインフォグラフィック「後席シートベルト“3人に1人”の低い着用率」をJAFホームページ内で公開しました。これからの季節、年末年始の帰省等でクルマを使う機会が増え、交通事故の多発が心配される時期を前に、注意を呼びかけています。


インフォグラフィック

■後席シートベルト、3人に1人の低い着用率
2008年に自動車後部座席のシートベルト着用が義務化されてから7年が経過していますが、今年の調査結果においても、一般道路でのシートベルト着用率は、運転席が98.4%だったのに対し、後席では35.1%と低く、これは3年連続の同率となっており上昇が見られません。

■高速道路での後席シートベルト着用は約3人に2人

高速道路でのシートベルト着用状況を調べてみると、運転席は99.4%、助手席は98.0%とそれぞれ90%を超える高い着用率でしたが、後席は71.3%の着用率で前の座席に比べて低い着用率でした。
2002年から実施している警視庁との合同調査開始以来、過去最高の結果ではあるものの、いまだ約3人に1人が未着用という状況です。

■致死率4.8倍、非着用が招く3つの危険とは?
後席のシートベルト非着用による致死率は、着用時の4.8倍にものぼります。

非着用によるリスクはさまざまで・・・
①同乗者に致命傷を負わせる(衝突の勢いで車内の同乗者にぶつかる)
②本人が致命傷を負う
③車外放出(自動車乗車中の者が車内から車外へ放出される)

などが挙げられます。

後部座席だと車外放出されるイメージがない方も多いかもしれませんが、実際は、車が横転した際にサイドドアの窓から投げ出されてしまうケースもあり、非常に危険です。自他含めた安全確保のためにも全席でのシートベルト着用が必要です。
(※致死率=死者数÷死傷者数×100)

■後席シートベルト着用を見直すきっかけに。周囲の方にも画像シェアを
JAFではこうした調査結果を踏まえて、情報データを視覚的に表現し、直観的に分かりやすく図式化したインフォグラフィックを利用し、ホームページ等で公開しました。
より多くの方の目に触れ、後席シートベルト着用について改めて見直すきっかけとなり、全席着用の意識が向上することを願っております。是非このインフォグラフィックを、ソーシャルメディア等で周囲の方にもシェアしていただけることを期待しております。

JAFホームページでは、この他さまざまな交通安全啓発コンテンツを公開しています。また、全国各地で時速5kmの衝突体験ができる「シートベルトコンビンサー」を使ったイベントを開催しています。

◆「2015年 JAF・警察庁 シートベルト使用状況全国調査」最新結果
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/data/driver2015.htm

◆シートベルトが命を守る~後部座席シートベルトの安全で正しい使い方
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/rearseat_safety/index.htm

◆JAF主催 全国の交通安全イベント開催情報
http://jafevent.jp/event/safety/
  


Posted by JAF大阪支部 at 13:13Comments(0)

2015年11月17日

エキスポシティ グランドオープンにともなう渋滞について

エキスポシティが11月19日(木)にグランドオープンします!
混雑が予想されますので、エキスポシティへご来場の際は公共交通機関をご利用ください。

大阪モノレール「万博記念公園駅」が便利です!パークアンドライド※も実践しましょう!

※パークアンドライドって!?

自宅から車で最寄りの駅またはバス停まで行き、車を駐車させた後、バスや鉄道などの公共交通機関を利用して都心部の目的地に向かうことです。パークアンドライドには都市部や観光地周辺の渋滞緩和、車の排気ガスによる大気汚染の軽減、CO2排出量の削減などのメリットがあります。

周辺道路も渋滞や混雑が予想されます。
オープンしてからしばらくの間も渋滞や混雑が予想されますので、周辺道路を走行する予定のある方はご注意ください。


■周辺道路で渋滞する恐れがある道路区間(予想)■





大阪府道1号線(万博外周道路):茨木市清水~万博外周道路~摂津市千里丘
大阪府道2号線(中央環状線):豊中市「阪大前北」交差点~摂津市「鳥飼和道」交差点
大阪府道2号線(旧道):吹田市「弘済院東」~吹田市「山田名神下」交差点
大阪府道14号(大阪高槻京都線):茨木市「畑田」交差点~吹田市「岸辺中5丁目」交差点
大阪府道119号(箕面摂津線):全域
大阪府道120号(山田上小野原線):全域
大阪府道121号(吹田箕面線):全域
大阪府道129号(エキスポロード):全域
大阪府道135号(豊中摂津線):全域
国道171号:箕面市「牧落」交差点~高槻市「今城町」交差点
国道423号(新御堂筋線)南向き(大阪市内方面):吹田市「桃山台駅東駅」交差点~箕面市「萱野」交差点
国道423号(新御堂筋線)北向き(箕面方面):千里IC~吹田市「広芝町」交差点
名神高速:「吹田IC」「吹田JCT」付近

(リンク集)
■エキスポシティへのアクセスについてはこちら
■エキスポシティの現在の駐車場混雑情報についてはこちら
■エキスポシティの公式サイトはこちら
■現在の周辺道路渋滞情報を調べるにはこちら
  


Posted by JAF大阪支部 at 13:59Comments(0)

2015年11月13日

ゲレンデ リフト券プレゼント(つがいけ高原スキー場&鹿島槍スキー場)

ウインタースポーツの季節になりました!!
JAF大阪からおススメのゲレンデ情報とステキなプレゼント特集をお届けします!


■おすすめゲレンデ③ 「つがいけ高原スキー場」
10種類のコースで初心者からエキスパートまで大満足!



ビギナーやファミリーに安心なゲレンデとして人気の栂池高原スキー場。
鐘の鳴る丘ゲレンデは1,200mを越えるワイドなコース幅となだらかな斜面。初心者からお子様連れまで、どなたでもゆったりとスキーやスノーボードを楽しめます。カクテル光線が幻想的なナイターも魅力です。




■おすすめゲレンデ④ 「鹿島槍スキー場」


「セントラルプラザ1130」を中心にすり鉢状に広がる中央ゲレンデと、ベース部分に広がる中綱ゲレンデから構成!ゲレンデからは北アルプスの山々が眺望できます。
白馬エリアのスキー場では大都市圏に最も近く、国道148号から中綱湖民宿街へと進む中綱ルートと、大町市内から大町温泉郷方面へ進む中央ルートの2ルートでスキー場にアクセスできるのが特徴です。




■ゲレンデに車で出かける際の注意点(JAFからの運転アドバイス)
雪道でのトラブルを防ぐには、クルマの点検も含めた事前の準備が大切です。

たとえスタッドレスタイヤを装着していたとしても、タイヤチェーンとジャッキは必須です。
また、スタック(立ち往生)したときのために、けん引ロープも積んでおくと心強いでしょう。
スコップも駐車場に積もった雪を除去するのに役立ちますし、スリップして動けなくなったときの除雪作業に便利です。さらに冬場はワイパーやヒーターなどの連続稼働などによって、バッテリーの消耗が激しくなりがちですので、不測の事態に備え、ブースターケーブルも用意しておくとよいでしょう。

そのほかに、チェーンの着脱時など、外で作業するときのために、軍手や長靴、懐中電灯もクルマに積んでおくと重宝します。
また、駐車場に一晩クルマを駐車するとガラス面に付着した水分が凍結したり霜が降りたりすることがあるので、取り除くためのアイススクレーパー(霜取り用のヘラ)や解氷剤も用意しておくと便利です。

意外に役立つのが毛布です。車内での防寒具としてだけではなく、雪道でスリップして動けなくなったときに、タイヤと雪の間に挟めば、脱出することができます。
慣れない雪道では、どんなトラブルに見舞われるかわかりません。もしものときに役立つグッズをクルマに積んでおくようにしてください。


  


Posted by JAF大阪支部 at 18:18Comments(0)

2015年11月13日

ゲレンデ リフト券プレゼント(白馬八方尾根スキー場&白馬岩岳スノーフィールド)

ウインタースポーツの季節になりました!
JAF大阪からおススメのゲレンデ情報とステキなプレゼント特集をお届けします!


■おすすめゲレンデその① 「白馬八方尾根スキー場」
北アルプスの大パノラマと世界が認めた極上のパウダースノーicon04日本が誇る国際山岳リゾート白馬八方尾根icon06


1998年の長野冬季オリンピック会場になった白馬八方尾根は、世界が認めた極上のパウダースノーゲレンデ。
山頂1,830mからの眺めは、北アルプス白馬三山を背に妙高山や戸隠、噴煙を上げる浅間山や八ヶ岳連峰、思わず息をのむ大パノラマ!
冬の白馬八方尾根で贅沢な時間をお過ごしください。




■おすすめゲレンデ② 「白馬岩岳スノーフィールド」
山頂エリアの雄大さと、北アルプスや白馬の盆地など360°の眺望が楽しめる、白馬で唯一のロケーション。だから、リピーターが多く「オレの 私の 隠れが的ゲレンデ」と「密かに」岩岳に向かうのです。



自然の地形を巧みに活かした東西南北に広がる多彩な25コースは、新たなスノースポーツシーンを演出!スキー場から進化した多彩なスタイルで楽しめる新たなイメージ スノーフィールドへ。あなたの 楽しみ方は「自由」!
白馬岩岳スノーフィールド」は、冬はスキーやスノーボード、さらに歩くスキーやスノーシューなどのスノースポーツが楽しめる「スノーフィールド」に進化しました。






■ゲレンデに車で出かける際の注意点(JAFからの運転アドバイス)

雪道の運転で注意したいのが、スリップによるトラブルです。
万全の準備をしていても、運転方法が正しくないとトラブルを起こすことになりかねません。
予想以上に路面が滑ることを念頭に置き、安全な速度で走行する必要があります。

たとえば急な車線変更でステアリング操作を行うと、スリップしてコントロールできなくなる場合があります。ブレーキも慎重かつ、手前からの操作が必要です。乾燥路面と同じ感覚でいたのでは事故のもとです。

先行車との車間距離も多めにとるようにします。
もちろん急ブレーキは厳禁です。クルマが左右に振られ、場合によってはスピンを起こすこともあります。
下り坂では、ブレーキ操作はとくに注意する必要があります。
坂の手前でしっかりと減速しフットブレーキを基本としエンジンブレーキも使って、速度をコントロールするようにしましょう。

発進時にも注意が必要です。
アクセルペダルを不用意に踏み込むと、タイヤが空転して発進できないことがあります。
アクセルは、じわりと踏み込み、ゆっくりとした発進を意識します。
上り坂では、平坦路以上にタイヤが空転しやすくなっています。発進時と同じように、じわりとアクセルを踏み、坂の途中ではできる限り止まらないようにします。
タイヤチェーンは、路面に雪があったら早めに装着することが大切です。
まだ大丈夫と思っているうちに、スリップを起こしたのではチェーンを用意した意味がありません。

雪道では、どんなことでも早めに用意し、急発進、急ハンドル、急制動などの急のつく操作は絶対に行わないことが重要なのです。




  


Posted by JAF大阪支部 at 18:06Comments(0)

2015年11月13日

車の税金見直しを訴える街頭活動を京橋駅前で実施しました!



『過重で不公平・不合理な税金は納得できません!』
車の税金見直しを訴える街頭活動を京橋駅前で実施しました!


JAF大阪支部は、11月9日(月)にJR・京阪京橋駅前において、自動車税制改革フォーラムと共に自動車関係諸税の簡素化と負担軽減を訴える内容の街頭活動を行いました。

昨年の与党税制改正大綱では、自動車取得税の消費税率10%への引上げ時での廃止が決定したものの、自動車の取得時に自動車税に上乗せされる“環境性能課税”の導入や、「当分の間税率」の恒久化など、自動車ユーザーの負担軽減に反する措置が講じられようとしております。

事前に行った自動車税制に関するアンケートでは、実に24,888名もの自動車ユーザーから回答を得ましたが、ほぼすべての回答者(98%)が自動車に係る税金を負担に感じ、その軽減を求める声は86%にも達しています。
※アンケートの詳細はこちら

JAFと自動車税制改革フォーラムは、今年こそが、自動車関係諸税の抜本的見直しの時期として考えており、自動車ユーザーの過重な税負担軽減の実現にむけ全国のJAF支部が同様の街頭活動を行っています。

京橋駅前で行った今回の大阪支部の活動は、19名のスタッフがチラシとティッシュなど850セットを配布し、自動車ユーザーの税負担軽減と簡素化の必要性について市民に理解を求めました。

JAFは今後、ユーザーの声を税制改正に反映させるべく各政党、国会議員、自治体等へ要望書を提出する予定です。



■配布したチラシ





  


Posted by JAF大阪支部 at 12:53Comments(0)

2015年11月05日

彩都西小学校の自転車交通安全教室にJAF講師を派遣!



JAF大阪支部は、11月4日(水)に茨木市立彩都西小学校(茨木市彩都あさぎ)で開催された『自転車マナー・交通マナースクール』(主催:茨木市住みよいまちづくり協議会)に講師を派遣しました警察

このスクールは児童・保護者向けの交通安全教室で、児童約150名とその保護者や地域の安全委員の方が参加されましたicon12

①クルマのランプの意味
②運転席から見えない範囲の確認(死角)
③クルマの速度と停止するまでの距離の確認
④見通しの悪い交差点での自転車の安全走行


などのカリキュラムを実車や交通安全機材を使用し、児童にも分かりやすい形で開催しましたicon06






参加した児童や保護者からは「クルマはブレーキを踏んでも急に止まれないことがよくわかりました」「自転車に乗るときは今日約束したことを守ります」などの感想がありましたりんご

JAF大阪支部では、子どもの交通事故防止を目的に、また地域社会への貢献活動として交通安全啓発活動を積極的に展開してまいりますicon14

※6月の道路交通法改正以降、自転車の交通安全に関することが話題になっています。
詳しくはこちらをご覧ください。  


Posted by JAF大阪支部 at 09:34Comments(0)